Loading

news

【saifuku・mino・226】メディアファクトリーツアー

10月10日、サイフクでは初の試みとして、メディアの方々向けのファクトリーツアーを開催しました。
東京や新潟から10名お越しいただき、サイフクのものづくりについてたっぷりご案内させていただきました。

台風直前の快晴のお天気!
mino」、新ブランド「226(つつむ)」について、サンプルをたくさんご用意しご覧いただきました。

羽織っていただいたり、風合いを確かめていただいたり。
実際に手に取っていただけると、つくり手としてはとてもうれしいです。

226(つつむ)は、<おなかをつつむ>を履いてお見せしたりと、展示会同様に工夫を。

更に今回は、せっかく秋の新潟にお越しいただくので、旬の食材をつかった新潟の美味しいランチをご用意しました。
三条の魚兵さんが素敵なケータリングを運んできてくださいました。
場が華やぎます。

226のロゴをお願いしたフレームの代表、石川さんには、ロゴについてお話していただきました。
私たちの新ブランドに対する想いをしっかりと受け止めていただき、とても素敵なロゴができました。
ありがとうございます。

そして、ニットについて、織物との違いについて、ニットの製造工程についてなど、まずはしっかりとご説明。

そして工場に移動です。
晴れて良かった!

サイフクのニット工場内では、編み立てから始まり、ものづくりの流れに沿って見ていただきました。
一気通貫で、原料である「糸」から、完成品のニットまで見ていただけるのは内製率の高いサイフクならでは。
最初から最後まで、責任を持って、各部署がていねいな仕事をしています。

最後は発売したばかりの<くびをつつむ>を実際に体験していただきました。
<くびをつつむ>は、完成品のニットアイテムではなく、自分で選んだ編み地パーツを組み合わせて、自分好みのニットスヌードをつくる新しいアイテムです。
みなさん、楽しみながらたくさん迷って、ニットにふれていただきました。

サイフクについて、「mino」「226(つつむ)」というファクトリーブランドについて、今後の展望についてなど、たくさんご質問いただき、たくさんお話させていただきました。
見学のご感想として「もっとニットを大切に着ます」というお声もあり、本当にうれしいです。
お越しいただき、実際に見て、触れていただく。
これに勝るものはありませんね。
お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
準備に関わってくれたスタッフ達、またいつもものづくりに真剣に取り組んでくれている全てのスタッフに感謝したいと思います。

 

 

PAGE TOP